2020年9月30日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

21年産米の作付け判断へ年内に産地と協議
 ホクレンが道産酒米の取り組みなどを説明
 北海道は需要が伸びた分だけ作付け増やす
 高知の酔鯨酒造など全国有数の酒蔵で採用
 20年上半期清酒出荷減少率は道が全国最大
 酒蔵の需要見通しと産地の意見踏まえ検討
鈴木知事が札幌駅で花き消費拡大呼び掛け
 JAと道経連がフラワーキャンペーン共催
 1,000人分の切り花を駅利用客に無償で提供
 道民の力で多くの生産者支えられた―知事
10月から秋新商品3種を全国発売―よつ葉
 バターミルクとプロテインで新販路を開拓
 ヨーグルトにも副産物使用で新たな可能性
 添加物使わず濃縮でミルクタンパク高める
Jミルク「特別対策事業」でウェブ説明会
 10月2日まで5回実施、初回は約60人参加
 新規事業で後継者や就農者の研修費を支援
 海外研修は1人当たり上限額が120万円
 自家出生率100%の都府県酪農家も支援
 高付加価値商品開発事業は上限100万円
ノベルズが農業大学生対象の給付型奨学金
 農業系学部・学科で学ぶ大学1年生が対象
 募集人数10人程度、1人当たり30万円給付
道農政事務所が「移動消費者の部屋」を開設
 食の安全と信頼確保の制度・取り組みを紹介

定期購読料

年間購読料 84,000+税