2020年7月13日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

19年産米販売実績19万8,000t―ホクレン
 新型コロナで市販用増も業務用需要に影響
 20年産米の早期契約手上げは18万2,000t
 需給緩和で抵抗感、可能な限り確保したい
 酒米は21年産作付けへさらに厳しい環境
 「えみまる」は道内月間200t販売と好調
北海道米販売拡大委員会の委員長に串田氏
 20年度は道内の「ごはん食」推進を重点に
 道外で「ななつぼし」キャンペーンを実施
 19年度はコロナでイベントの中止・延期も
 生産者拠出金は平均10a654円で10円下げ
水田農業ビジョン第3版の検証作業開始へ
 来年4月以降の中間総括目指す―道農協米対
 JA部課長の米生産・販売専門委員会で検討
道人事(12日・13日付、関係分)
道果樹協会が道厚生連にさくらんぼ20kg寄贈
 完熟果実食べ感染症対応にまい進―中瀨会長
人 事 動 静(13~19日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税