2018/02/22(Thu)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道農業法人協会が定期総会、南会長を再任
(30年度は「生産性向上と地域連携」テーマに)
▽公益法人化を視野に入れた組織体制の検討も
▽小椋・島崎両副会長再任、大塚氏が新副会長
▽会員の経営をサポートできる体制を―南会長
▽のぶし経営塾の開講などに引き続き取り組む
▽昨年設置の外国人雇用専門委員会が活動報告

☆ホクレン生乳競争入札、最高値キロ105円
(競争率3・97倍、3万㌧を4者で全量落札)
▽最低価格は前回比4円増で平均を押し上げ

☆産業用ヘンプの取り組み、8月までに方針決定
(31年度以降のあり方へ検討会が意見交わす)
▽検討会として可能性は十分認識―松井座長
▽品種選定、種子の確保、免許取得など課題
▽知事公約踏まえ道のリーダーシップ不可欠

定期購読料

年間購読料 84,000+税