2018/02/9(Fri)

一覧を見る
主要記事見出し

☆湿った雪降り続き各地で農業用施設が全半壊
(日高管内でハウスを中心に469棟が倒壊)

☆29年度道優良米生産出荷共励会の受賞者決定
(個人・生産グループ合わせて4件が最優秀賞)
▽移植栽培・個人の部は和寒町の高原氏が受賞
▽生産グループは静内稲作振興会クリーン部会
▽直播栽培は美唄市水稲直播研究会に最優秀賞
▽直播栽培・個人の部も美唄市の山口氏が受賞

☆農機メーカーから新たなニーズの創出を
(㈱イソップアグリシステムの馬渡氏が講演)
▽人が機械の支援で能力高める『融和』が大切
▽作業機と同数のトラクタ保有がコスト上昇に
▽時代に即したスピード感ある製品開発が重要
▽GPSを例にメーカーからニーズ創出は可能
▽柔軟な発想で日本農業の未来を創出―馬渡氏

☆大雪での被災農家向け相談窓口―日本公庫
(道内3支店に開設、融資や返済などの相談を)

☆「2018クリーン農業セミナー」開催
(加工と流通業者の取り組みや技術情報紹介)

定期購読料

年間購読料 84,000+税