2020年5月7日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

ISS北海道事業協では150人が来日できず
 早く終息させ空港を開けるべき―石田理事長
 外国人材確保のため2011年に㈱輝楽里が設立
 援農支援やマッチングなど、現実的には無理
 短期の実習生は夏なら厳しい、補償求める声
釧路振興局が独自の農業雇用対策スタート
 ホテル廃業など影響深刻化、受け皿へ連携
 ハローワーク経由「就農相談窓口」を新設
 管内JA農場の就労に向け農協連など調整
道農業会議が6月の国会議員要請集会を中止
 常設審議委員会も書面開催の可能性を検討
 4月の地区別もコロナの影響で中止相次ぐ
 要望書はまず郵送、状況を見て要請活動も
19年産てん菜の交付対象比率は「0.967」
 北海道てん菜生産構造対策が初めて発動
 3.3%相当で支払い額は10億2,100万円
 財源不足で生産安定基金から全額を融通
元全厚連会長の奥野氏に旭日小綬章
 令和2年春の勲章受賞者発令―農林水産省
オホーツク農協連人事(4月30日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税