2018/01/22(Mon)

一覧を見る
主要記事見出し

☆大会決議実践3年目、自己改革をさらに推進
(今年は11月に第29回大会開催―飛田会長)
▽2月ブロック会議で信用事業のあり方提案
▽4月の種子法廃止後、道に条例制定求める

☆生産者の理解と協力得られるよう不断の努力
(新制度下での指定へ準備進める―ホクレン)
▽生産基盤強化図る国産チーズ対策に評価も

☆ホクレン新参事、資材事業本部長に佐藤氏

☆管理本部などで業務機構を一部変更―ホクレン
(「米穀総合課」に「米穀生産課」を統合)

☆ホクレン人事(2月1日)

☆酪農家の所得向上へ田口畜産が新組織設立
(新制度下で部分委託が解禁、参加呼び掛け)
▽2月3日に説明会、今後の方針などを説明

☆新制度下でも生産者の理解得て事業進める
(田口畜産の動き受け、村上部長が考え示す)

☆メッセージ発表の田中氏ら5人が全国大会へ
(道青年農業者会議で各部門受賞者が決定)

☆人 事 動 静(22~28日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税