2020年3月25日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆自民党合同会議で基本計画「決議」を採択
 (新たな生乳取引の課題「随時検証が必要」)
 ▽両者に意見を聞き、引き続き調査―農水省
 
☆畜産部会で次期酪肉近の実質的な議論終了
 (本文作成を部会長に一任、次回「答申」へ)
 ▽生乳の生産数量目標は「780万㌧」設定
 ▽30年度の集送乳等経費目標は「現行水準」
 
☆「生乳流通改革」検証を求める意見相次ぐ
 (畜産部会が酪肉近の「方針案」で最終論議)
 ▽制度の見直し含めて「あるべき姿」検討を
 ▽生乳流通改革自体が問題ではない―農水省
 ▽新型コロナ影響で乳製品在庫の増加に懸念
 ▽外国人労働者が来日できず人手に困る現状
 
☆ホクレン3月中旬受託乳量は2・4%増加
 (年度過去最高の390万㌧台確実な情勢に)
 
☆道のスマート農業推進方針、年度内の策定へ
 (道議会農政委員会で農政部が方針案を報告)
 ▽スマート農業推進に向けた「共通の指針」に
 ▽基本的考え方や道の取り組み方向なども整理

定期購読料

年間購読料 84,000+税