2020年3月24日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆ちえのわ事業協・島崎代表がMMJに異議
 (〝抗議文〟と聞かされず、主張も一部異なる)
 ▽JA問題なく一部乳業で受入停止―判断疑念
 ▽3カ月廃棄分の乳代一時仮払、弁護士と協議
 ▽受け皿に懐疑も〝自由選択〟ブレーキ望まず
 
☆現場の課題「次期計画に相当盛り込めた」
 (大橋弘部会長が次期基本計画の議論を総括)
 ▽先行実施した生産者ヒアリングの成果強調
 ▽農業では次世代継承、持続性確保が課題に
   
☆企画部会で「基本計画案」めぐり最終論議
 (新型コロナ「海外に依存するリスク実感」)
 ▽農業・農村は幅広い影響を受け深刻な状況
 ▽食料安全保障の観点からも消費者啓発必要
 
☆ホクレン配合飼料価格は約1000円値下げ
 (新型コロナで需要減退、2期ぶり引き下げ)
 
☆道農業会議が事業計画決定、重点課題8項目
 (新型コロナウイルス対策で大半が書面議決)
 ▽8割で改選、女性・青年農業者の登用促進を
 ▽地域の力になる農業委員会組織へ―多田会長
 
☆Webで組合員加入可能に―コープさっぽろ
 (新サービス開始、出資金1000円から)

定期購読料

年間購読料 84,000+税