2020年3月11日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆生乳の生産努力目標案「780万㌧」示す
 (企画部会で次期基本計画の「原案」を議論)
 ▽生乳目標30万㌧増、増産への〝青信号〟に
 ▽2030年度自給率目標、熱量ベース45%
 ▽生産額ベース75%、飼料自給率目標34%に
 ▽飼料自給率反映しない「食料国産率」新設
 
☆輸出額5兆円の目標設定に対し意見相次ぐ
 (自民党で開いた農業基本政策検討委員会で)
 ▽5兆円目標は「腑に落ちる人いない」とも
 ▽農業所得の向上にいかにつなげるかが重要
 
☆牛乳類の価格「現在のところ影響はなし」
 (自民党農林合同会議で農水省が影響を報告)
 ▽需給調整弁である脱脂粉乳の積み増し懸念
 ▽牛肉は外食需要の減少などで「価格低下」
  
☆20年度重点実施事業は7項目―JA道中央会
 (書面議決中心に臨時総会で事業計画を決定)
 ▽「農業・農村・農協」の農政事業を重点化
 ▽JAグループ北海道東京本部は7月目途に
 ▽新たな賦課基準で予算、単協賦課金を削減
 
☆農水省が事業継続体制構築など求めて通知
 (作業前の体温確認など健康管理や衛生対策)
 ▽ミルクローリー運転手やヘルパーにも周知
 ▽感染確認時は速やかに所属組合などへ連絡

定期購読料

年間購読料 84,000+税