2020年3月10日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆コロナ対策で農水省北海道現地対策本部を設置
 (本部長の伊東副大臣が道内関係者と意見交換)
 ▽職員5人を派遣、今週中にガイドライン策定
 ▽感染者が出ても生産継続できる体制づくりを
 ▽生乳生産をストップさせるわけにはいかない
 ▽事業継続とともに風評被害対策も―鈴木知事
 
☆道中央会、ホクレンもガイドライン策定に協力
 (早く決めて組合員に周知したい―飛田会長)
 ▽酪農ヘルパー、ロボットへの対応も必要に
 ▽長期化すれば外国人実習生の確保にも懸念
 
☆農水省が「花いっぱいプロジェクト」呼び掛け
 (新型コロナで影響受ける花きの消費拡大を)
 ▽卒業式や各種イベントの縮小・中止で需要減
 ▽道内の花き市場も動かず、一部の産地が影響
 ▽チューリップも価格が低迷―JA北いしかり
 
☆一斉休校による学乳停止は「喫緊の課題」
 (中家会長は国産農畜産物の消費拡大求める)
 ▽全中「影響調査」でさまざまな課題が判明
 ▽和牛価格下落、技能実習生の見通し立たず
 ▽消毒剤など酪農資材や添加剤不足の恐れも
 
☆新たな輸出額目標「2030年に5兆円」
 (関係閣僚会議が農産物の輸出額目標で議論)
 ▽4月設置「司令塔組織」で輸出促進を加速
 ▽品目ごとの課題に応じた生産基盤強化図る

定期購読料

年間購読料 84,000+税