2020年3月4日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆JAオホーツク網走が健康経営優良法人に認定
 (農協で全国初、健康的な職場環境づくり実践)
 ▽時間外管理・受動喫煙防止対策など強化
 
☆加工処理工場の受け入れ能力は「十二分」
 (省内でコロナに関する農水省対策本部開催)
 ▽閣議後会見では江藤農相が配乳調整に言及
 ▽所得の減少対策は「まだ方向性出せない」
 
☆道内所有者不在農地に知事裁定で利用権設定へ
 (むかわ町の田95㌃、中間管理事業で貸し付け)
 ▽相続人の申し出なく「所有者等不在」確定
 ▽18年にもむかわ町で1件、道への相談7件
 
☆物流繁忙期のドライバー融通検討へ―ホクレン
 (宮崎経済連との連携構想、季節波動生かす)
 ▽モデル化に向けて法令・慣習など課題整理
 ▽南北間青果輸送は大消費地経由で効率化を
 
☆ホクレン2月受託乳量は閏年修正3・2%増
 (修正後下旬2・8%増、累計2・2%増に)
 ▽2月全12支所で増加、トップ函館5・8%
 ▽受託過去最高乳量390万㌧台へ視界良好
 
☆18年の道内荒廃農地面積は2377㌶に
 (前年に比べ673㌶減、再生利用は218㌶)
 ▽農用地区域は1426㌶、前年比491㌶減
 
☆道農業公社人事(4月1日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税