2020年2月20日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆農水官民ファンド「検証検討会」が初会合
 (6次産業化の推進で役割も累積損失92億円)
 ▽2021年度以降は新たな出資決定行わず
 ▽夏までに最終的な取りまとめを行う―農相
 
☆「チーズのこえ」今野代表がステージ出演
 (表参道開催の北海道地チーズ博2020で)
 ▽チーズは大手乳業、工房どちらも役割ある
 ▽北海道産地チーズの良さは「奥ゆかしさ」
 
☆1月の飲用等向け道外移出は2・1%増加
 (道内含む飲用は前年並み―ホクレン用途別)
 
☆北海道米の道内食率、19年度は「86%」に
 (前年比1ポイント低下も8年連続で85%超)
 ▽18年産の北海道米不作で府県産米1割増
 
☆北海道米プロモーション第5弾は「どんぶり」
 (受験・卒業シーズンに合わせ―12社が参加)
 
☆道が「道産小麦新商品開発発表会」を初開催
 (チカホで2日間、13事業者・団体が出展)
 
☆次期中期プランで門別競馬場の基幹施設更新へ
 (20年度中に構想検討―道地方競馬運営委)
 ▽20年度「JBC2歳優駿」含む82レース開催
 
☆第3回農用地借受希望は63件・1327㌶
 (オホーツクや空知多く―農地中間管理事業)

定期購読料

年間購読料 84,000+税