2020年2月6日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「畑作構造転換事業」にてん菜の生産振興対策
 (風害・湿害軽減対策で10㌃3000円措置)
 ▽ソフト事業優先、機械導入は畑輪作確立枠で
 ▽64万㌧超、対象外ゲタ見合いは総額10億円
 ▽課題は砂糖全体の消費縮小―豊口課長補佐
 
☆組織統合後も事業を充実・強化―道てん菜協会
 (米麦改良協会と統合、4月から農産協会に)
 ▽砂糖消費拡大に取り組む―中島専務が報告
 ▽関連企業が出展、風害対策カルチなど展示
 
☆19年度「北見95号」など15の優良品種認定
 (道が成績会議の概要を農政委員会に報告)
 ▽初の菓子専用品種、25年産から本格栽培
 ▽163課題を認定、20日に新技術発表会
 
☆にぎわう雪まつり会場、ホットミルクで一息を
 (道牛乳普及協がメーカー2社とコラボ出店)
 
☆「よつ葉レストラン」大通5丁目会場で開店
 (11日まで、直営店では限定パフェ再登場)
 
☆大通7丁目会場で交通安全ポスター作品展
 (入賞作品64点展示―JA共済連北海道)
 
☆畜舎と建築基準法をめぐり幅広く議論展開
 (「確認申請」面積要件の緩和求める意見も)
 ▽生産者「木造500平方㍍」の緩和を要請

定期購読料

年間購読料 84,000+税