2017/12/22(Fri)

一覧を見る
主要記事見出し

☆TPP・EPA、引き続き対策必要―飛田会長
(政府の影響試算でTPPの減少額縮小に不満)
▽アメリカ離脱で下げるならSGも見直しを

☆佐藤会長が29年活動状況報告、来年の決意も
(11月末の貯金残高は前年同月比3・43%増)
▽さまざまな取り組み通じ北海道農業後押し

☆誤表示の再発防止へ改善と体制整備進める
(農水省からの措置命令受け内田会長が説明)
▽豊穣の秋迎え生産者に謝意示す―内田会長

☆診療報酬本体のプラス改定には「一定の評価」
(全体としては厳しい改定に―畠山副会長)
▽地方病院の要件緩和も要請したが反映されず

☆29年度共済事業推進、11月末は102・6%
(目標達成率は74・1%―JA共済連北海道)
▽自動車損調体制は30年10月に完全移行へ

☆野村組合長と佐藤専務を再任―JA阿寒
(定款変更で選任から選挙による役員選出に)

☆ホクレン農薬価格、30年度は0・5%値下げ
(コスト低減へ、約1億円の特別対策も継続)
▽下げ25品目、上げ24品目、大半据え置き

定期購読料

年間購読料 84,000+税