2020年1月17日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆クラスター肉酪重点化枠、道内2主体が承認
 (えみんぐ7億円・芽室町哺育施設6・4億円)
 ▽機械導入事業は2571件・115億円承認
 
☆初のチーズ製造専用保険発売―三井住友海上
 (生乳の仕入れから販売まで広く損害補償)
 ▽日本酒の前例生かし開発、全国の工房対象
 ▽契約1号は中札内村・十勝野フロマージュ
 
【講演】
☆農業を捨て石にした「令和の不平等条約」④
        作山 巧 明治大学農学部教授
 ▽アメリカ側の譲歩は関税5%以下の品目のみ
 ▽TPP並みは2段階の譲歩、国民は評価せず
 ▽追加交渉は21年前半に本格化する可能性あり
 
☆受託乳量は前年より1旬早く300万㌧超え
 (1月上旬2・5%増、年2%維持―ホクレン)
 
☆道内4会場で「GFP関連補助制度説明会」
 (輸出拡大目指す農林・食品事業者対象に)
 
☆「食の安全・安心委員会」の傍聴者を募集
 (遺伝子組み換え防止条例の検証経過を報告)

定期購読料

年間購読料 84,000+税