2019年12月25日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆農水省が日米協定影響試算の最終版を公表
 (TPP政策大綱改定、予算概算決定受けて)
 ▽金額や試算方法など10月時点から変更なし
 ▽生産額減少しても生産量維持する考え強調
 
☆農業、自給率、農村政策めぐり多様な意見
 (企画部会で取りまとめに向け委員間で議論)
 ▽農業の多様化踏まえて多様な担い手育成を
 ▽食品産業界「国際競争力と持続性が課題」
 ▽大規模化と中小支援は「切り分けて検討」
 ▽農村振興で「持続的モデル」の提示も重要
 
☆水稲面積「10万7049㌶」達成を―道米対
 (20年産米の生産に向けた取り組み方針決定)
 ▽意向面積10万6154㌶、一層の推進を
 ▽加工用米は高価格帯の冷凍米飯需要が堅調
 ▽備蓄用米は主食用米と一体的な作付け可能
 
☆20年産米販売実績は31%増―13日現在
 (「ゆめぴりか」安定生産へホクレンが事例集)
 ▽「ゆめぴりか生産者FILE2020」作成
 
☆ホクレン受託乳量、12月中旬は2・6%増
 (4月からの累計は11旬連続で2%増を維持)
 
☆よつ葉乳業東京で試食・販売イベント出店
 (大手町「ミノーレ」内で19年度3回目開催)
 ▽新商品のよつ葉濃厚ヨーグルトなどを販売
 ▽チーズフォンデュなどすべての商品が完売

定期購読料

年間購読料 84,000+税