2019年12月20日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆圃場内自動運転で遠隔監視の許可など要望
 (規制改革推進会議農水WGの第3回会合で)
 ▽㈱日本総合研究所など3人から意見を聴取
 ▽自動走行規制緩和や就農支援充実など要望
 
☆20年産米「生産の目安」、主食用0・6%減
 (水稲全体は10万7049㌶─道水田部会)
 ▽かろうじて目標10万7000㌶以上に
 ▽意向面積は前年から約1000㌶減
 ▽安定的な需要ある加工用は目安を増加
 
☆100周年のアニメーション公開―ホクレン
 (声優に板橋駿谷さん起用、19日から配信)
 ▽コーポレートメッセージの思いを映像表現
 ▽農家との交流通じホクレン職員の成長描く
 ▽実際のやり取りから着想得た―内田会長
 
☆需給安定には府県基盤強化を―ホクレン酪農部
 (事業本部別記者説明会で、楠木部長説明)
 ▽移出の供給体制整備・維持には万全期す
 
☆遺伝資源を守るために抑止策や罰則制度を
 (和牛遺伝資源の知財保護強化の専門部会で)
 ▽種雄牛を作るために人工授精所など血眼に
 ▽和牛肉で改良成果が現れるまで10年以上が
 ▽和牛遺伝資源は知的財産として価値を有す
 ▽今の段階で国内法整備など必要―高橋委員
 
☆麦流通安定対策事業の拠出額は9692万円
 (19年産民間流通麦1俵当たり9・12円)

定期購読料

年間購読料 84,000+税