2019年12月19日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆2年度農林関係予算、総額2兆3109億
 (自民党の農林関連合同会議で江藤農相報告)
 ▽大臣折衝経て輸出力強化体制整備に45億円
 ▽スマート農業の推進対策事業に15億円計上
 ▽前年度と比較し政策的経費は大幅に増えた
 
☆自民党が予防的殺処分を認める議法を了承
 (アジアで拡大するASFのまん延防止措置)
 ▽衆議院法制局と検討し年明け早々成案示す
 ▽閣法成立よりも約3カ月早い―赤澤委員長
 
☆道農協畑青対が20年産畑作物作付指標設定
 (前年に続き「10のメッセージ」を発信)
 ▽パン・中華めん用小麦の面積拡大と単収増を
 ▽小豆は安定供給に向けたさらなる増反が必要
 ▽馬鈴しょは加工用・でん粉用の作付け拡大を
 ▽てん菜は適正輪作の中で「最大限の作付け」
 ▽畑作物GAPに挑戦を―来年度から本格実施
 
☆11月道外移出は3・7%増の4万3549㌧
 (上旬まで引き合い強く―ホクレン用途別)
 ▽年間累計は5・7%増の35万1134㌧に
 ▽加工向け需要期突入も生クリームは伸びず
 
☆上級農業経営アドバイザー、新たに3人誕生
 (道内17人、全国79人が合格―日本公庫)

定期購読料

年間購読料 84,000+税