2019年12月13日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆自民、20年度単価・数量・対策を了承
 (畜酪委員会、戦略調査会、農林部会が承認)
 ▽ALIC事業で牛舎空きスペース活用支援
 ▽中小酪農基盤強化対策1億1000万円増
 ▽ヘルパー支援には3000万円増の9億円
 ▽新規事業に和牛遺伝資源の流出防止を計上
 ▽総予算約25億円増、320億6000万円
 
☆5銭上げ受け、道内JA関係者ら安どの声
 (JAグループ北海道が畜産物価格決定報告)
 ▽〝オール北海道〟陳情で補給金下げを回避
 ▽飛田会長評価、瀧澤副会長「完璧」と握手
 ▽吉川衆議は指定団体機能の発揮に期待込め
 
☆政策審畜産部会に20年度の政策価格を諮問
 (加工原料乳補給金単価と交付対象数量など)
 ▽単価8円31銭、集送乳調整金は2円54銭に
 ▽総交付対象数量は5万㌧増「345万㌧」
 
☆さらなる生産基盤強化へ強く後押しいただいた
 (畜産物価格で道中央会の飛田会長が談話)
 
☆不安払しょくには物足りない水準―道農連
 (補給金等単価引き上げで西原委員長が談話) 
 
☆ホクレン受託乳量、12月上旬は1・9%増
 (年度累計伸び率は2・0%、10旬連続)

☆農業経営者セミナーで農水省日向課長が講演
 (「地域農協や農業者の未来への期待」テーマ)

定期購読料

年間購読料 84,000+税