2019年12月11日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆20年度政策価格、最終判断を党幹部に一任
 (自民党畜酪対策委、14議員陳述し議論終結)
 ▽若手が希望持てる単価適切に―赤澤委員長
 ▽道選出議から10円80銭以上求める声相次ぐ
 ▽ヘルパー名称変更や畜クラ要件緩和なども
 
☆自由貿易の旗を高く掲げて果敢に挑戦する
 (安倍首相「日本は巨大市場の中心にいる」)
 ▽経済連携協定は農林漁業者にもチャンスに
 ▽和牛・酪農の増産支援、スマート農業推進
 ▽生産基盤強化で農林水産新時代を切り拓く
 
☆日米貿易協定の国内手続完了を米国に通告
 (両協定の発効日は「来年1月1日」を予定)
 
☆農業生産基盤強化プログラムを決定―政府
 (農林水産業・地域の活力創造プランを改訂)
 ▽都府県酪農の基盤強化で増頭奨励金を交付
 ▽チーズ向け原乳高品質化、施設整備を推進
 ▽2035年度の和牛生産量「30万㌧」目標
 
☆都府県支援で総合パッケージ型対応策要望
 (農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議)
 ▽農林水産業・地域の活力創造プラン案聴取
 ▽出席議員から現状維持の支援要望が相次ぐ
 ▽総合的な政策とわかる資料を―赤澤委員長
 
☆第6回道食育推進優良活動の受賞者決まる
 (17日ポールスターで表彰式と講演会を開催)

定期購読料

年間購読料 84,000+税