2019年12月6日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆中小規模や酪農ヘルパー支援の要望相次ぐ
 (畜産物政策価格で自民畜酪委が議論を始動)
 ▽南九州の視察を経て11日決定、短期決戦に
 ▽適切な畜産物価格と関連対策を決定したい
 ▽今回は良い方向が出るのでは―野村部会長
 
☆ヘルパー対策や糞尿処理施設の更新支援を
 (自民畜酪委員会で酪政連など5団体が要請)
 ▽酪農ヘルパーは「将来の後継者」と認識を
 ▽酪農家にとって粗飼料は命も同然―酪政連
 ▽経営の再生産と再投資が可能になる単価を
 
☆中小家族経営等の意欲が喚起される価格を
 (畜産物政策価格で衆参農林水産委が質疑)
 ▽補給金の価格算定の方法や子牛の価格低下
 ▽生乳輸送コストの負担について考えを問う
 
☆青年部盟友800人集結、6日大会宣言採択へ
 (札幌で第68回全道JA青年部大会が開幕)
 ▽日米交渉承認、村田会長は農政活動結集訴え
 ▽青年の主張大会、活動実績発表大会など実施
 
☆共済連北海道が交通遺児の会に20万円寄付
 (2004年度からの合計は約272万円に)

定期購読料

年間購読料 84,000+税