2019年11月19日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆外部支援組織や酪農・肉用牛で連携提案
 (畜産部会「経営モデル」などの考え方示す)
 ▽現行の経営モデル「引き続き目指すべき」
 ▽新技術現場実装プログラムでもモデル提示
  
☆都府県増産「トウモロコシ」単価アップを
 (西尾臨時委員が生産基盤強化で対策を提案)
 ▽持続的な生産のためにも制度の安定が重要
 ▽外部支援組織の強化、農協等の経営参入も
  
☆耐久性や繁殖性に重点を置いた改良を推進
 (畜産部会「家畜改良増殖目標」の議論報告)
 ▽乳量を増加させる改良の方向性などは維持
 ▽来年1月に再度研究会を開き骨子案を策定
 
☆道内花き関連13団体が振興条例の要望書提出
 (滝口議員の会派に花き施設園芸部会設立)
 ▽道は夏場の主産地、振興一層推進―道農政部
 
☆報徳の教え伝える二宮尊徳像を北農ビルに
 (豊頃町の武野温恭氏が北海道報徳社に寄贈)
 ▽これからも支え合い、分かち合う北海道に
 
☆コープさっぽろPB初の発酵乳、販売好調
 (道産生乳とてんさい糖だけの飲むヨーグルト)
 ▽わずか半月で月間売上目標達成、品薄状態に
 
☆ホッカイドウ競馬25年ぶり300億円突破
 (前年比31・6%増の330億8200万円)
 ▽うちネット販売283億、入場数も30万人超

定期購読料

年間購読料 84,000+税