2019年11月14日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆畜産物は全ての品目で見通し以上の消費に
 (企画部会が「食料自給率、自給力」で議論)
 ▽生乳と牛肉は2025年努力目標に未達も
 ▽体質強化策で計画期間中の増加に期待示す
 ▽輸出が増大すれば自給率にもプラスの影響
 ▽「飼料自給率」反映させない場合の検討も
  
☆農業と農村めぐる「国民的議論」を求める
 (企画部会「食料自給率」めぐり意見相次ぐ)
 ▽自給率低下は「生産基盤弱体化と輸入増」
 ▽施策と自給率、自給力はイコールではない
 ▽経営成り立たぬ中、自給率論「むなしい」
 ▽畜産物の自給率の掲載方法で見直し求める
  
☆自民党農林部会が税制改正の要望案を了承
 (要望事項は83項目、重点要望事項が48項目)
 ▽肉用牛売却所得の特例措置の延長など要望
  
☆中原書記長が基本計画見直しの中央行動報告
 (全道書記長・事務担当者研修会に200人)
 ▽39人で畑作物直接支払の単価見直し等要請
 
☆農業青色申告会が増税後初の税務研修会開催
 (簡易課税や準備金取り崩しなどテーマに)
 ▽収入保険は例外的に「見積額」収入計上
 ▽免税・簡易課税各事業者は適用除外注意
 
☆ホクレン受託乳量は下期一貫して年2%維持
 (11月上旬は1・7%増、4支所で2%超)
 ▽シーズン底迎え1日換算乳量は0・2%減

定期購読料

年間購読料 84,000+税