2019年11月5日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆基本計画とTPP政策大綱改訂に向け政策提案
 (11月中旬に中央要請―JAグループ北海道)
 ▽基本計画はあらゆる指針の根幹と再確認
 ▽大綱改訂、現行施策の充実・強化を要請
 
☆水稲作付面積の拡大に向け用途別の方向示す
 (加工用米の安定供給が重要―道農協米対)
 ▽交付金含め主食用米以上の所得水準を確保
 ▽備蓄米に取り組むメリット・意義など整理
 
☆日米貿易協定、中長期の影響注視―飛田会長
 (最大「1100億円」減の政府試算に見解)
 ▽状況精査し影響が出るようなら対策求める
 ▽作況指数正しいのか、作柄との乖離に苦言
 
☆帯広厚生病院の制震ダンパー、10月交換完了
 (引き続き安全・安心を提供―JA道厚生連)
 
☆台風19号の建更被害報告件数3万6000棟
 (11日から冬の交通安全―JA共済連北海道)
 
☆10月15日現在の水稲の作況指数は「104」
 (道内の主食用予想収穫量55万3900㌧)
 ▽全国の作況も2ポイント低下し「99」に
 
☆「食料・農業・農村政策審議会」意見交換会
 (基本計画策定に向け関係者が意見陳述)

☆人 事 動 静(5~10日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税