2019年10月30日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆バター・脱脂粉乳は54億~107億円減額
 (農水省が日米協定の品目別影響試算を公表)
 ▽生クリーム・脱脂濃縮乳等で27億~54億円
 ▽抱き合わせ対象チーズは48%減少の見通し
 ▽TPPと合わせた影響はチーズ最大95億円
 ▽生クリーム・脱脂濃縮乳等は30億~60億円
 
☆日米貿易協定の影響に関し道が中間取りまとめ
 (関税撤廃・削減の影響などを定性的に整理)
 ▽乳用種や交雑種を中心に牛肉の価格低下懸念
 ▽小麦マークアップ削減で価格低下と財源減少
 ▽野菜、果樹なども長期的には価格低下の懸念
 ▽輸出はながいもの関税が3年目に5割削減へ
 
☆道農業会議が実態に即した施策実現へ要請書
 (国際交渉や農政の確立など6本柱で整理)
 ▽11月28日に道内選出国会議員などへ要請
 ▽所有権移転の促進、家族経営の継承対策も
 
☆交牧連全国研修会でホクレン板東専務が講演
 (「日本酪農の中の北海道酪農」と題して)
 ▽ホクレンの共販体制で北海道酪農は発展
 ▽ほくれん丸就航26年、国民に必要な船に
 ▽交牧連の活動が酪農へのシンパシー醸成

定期購読料

年間購読料 84,000+税