2019年10月25日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆Jミルク生産数量目標「最大800万㌧」
 (内訳「道460万㌧、都府県340万㌧」)
 ▽試算3点提示、現状維持で752・8万㌧
 ▽処理能力維持と需要1200万㌧確保前提
 
☆生産者と乳業が集う団体として目標掲げた
 (酪農乳業が初めて共に将来ビジョンを策定)
 ▽目標800万㌧「高過ぎる」指摘は出たが
 ▽危機感共有で高い目標に至った―川村会長
 ▽都府県も期待に応えて頑張る―砂金副会長
 
☆日米貿易協定の承認案が衆議院で審議入り
 (野党からは協定の意義を問う質問が相次ぐ)
 ▽2国間交渉に引きずり込まれる―玄葉衆議
 ▽わが国の国益に叶う結果が得られた―首相
 
☆交牧連が釧路市で20周年記念式典を開催
 (次の10年も日本酪農の理解醸成に全力)
 ▽酪農教育ファームなど推進、会員年々増加
 ▽20年以上消費者と接点に敬意―瀧澤副会長
 ▽理解醸成活動が生産基盤下支え―迫田専務
 ▽研修会でほくれん丸など物流の重要性学ぶ

定期購読料

年間購読料 84,000+税