2019年10月10日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆20年産米「生産の目安」で備蓄米の対応整理
 (道農業再生協議会水田部会で考え方示す)
 ▽10~11月に意向調査、算定方法も変わらず
 ▽産地交付金の道枠で複数年契約助成を新設
 ▽高密度播種やスマート農業など要件に追加
 
☆パラグアイ日系農協中央会の参事が道内研修
 (11月6日まで1カ月、JAの取り組み学ぶ)
 ▽しっかり学ぶ―日系2世の安田ペドロ参事
 ▽人材育成や農協の存在感など、課題は共通
 
☆札幌で牛乳衛生講習会を開催―日本乳業協会
 (改正食品衛生法に基づく管理手順確認)
 ▽施行後見据えた計画作成方法など共有
 
☆米国の家畜福祉は5年でEU並みに―松木教授
 (さっぽろ自由学校「遊」でAWの公開講座)
 
☆JAカレッジが秋の社会奉仕活動を実施
 (春に続き、校舎近隣で清掃ボランティア)
 
☆十勝家畜防疫推進協が消毒テーマに研修会
 (基本・実技とデモンストレーション)

定期購読料

年間購読料 84,000+税