2019年10月9日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆米国ワシントンで日米貿易協定に正式署名
 (国会提出を急ぐため持ち回りで閣議で決定)
 
☆生産量は下方修正も増産見込みは変わらず
 (猛暑や台風被害影響で都府県は減少幅拡大)
 ▽移入量は、7月段階からやや減少で54万㌧
 ▽乳用雌牛頭数5歳以上は前年下回る見通し
 ▽脱粉は過剰感も一概に判断するのは難しい
 
☆製品間の弾力的な供給調整の必要性理解を
 (需給見通しで「当面の課題と対応」に言及)
 ▽脱粉は関係者による需要喚起など対応必要
 ▽日米合意受け需給影響注視必要―内橋常務
 
☆新・酪農生産基盤強化事業で説明会―ホクレン
 (居住環境に重き、計画的活用を呼び掛け)
 ▽生産基盤維持・強化さらに後押し―佐藤課長
 ▽ホクレン事業呼び水に投資継続を―菊池顧問
 
☆主力のホタテが減、上期の輸出額は前年割れ
 (協議会で道内関係機関・団体が情報共有)
 ▽北海道トータルで取り組みを―土屋副知事
 ▽一丸となった体制づくりへ協議会も一本化
 ▽伸びが鈍化、国の1兆円目標達成に難しさ
 
☆道てん菜協会が茨戸小学校で「出前授業」
 (北糖が苗提供し、生徒自ら収穫体験も)
 ▽砂糖をより身近に、体験学習で興味喚起

定期購読料

年間購読料 84,000+税