2019年10月2日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「北農5連JA営農サポート事業」をスタート
 (人材確保・定着に向けたJAの取り組み支援)
  ▽19~21年度の3カ年で2億1500万円
 
☆「総合的なTPP等関連政策大綱」改訂へ
 (今年秋を目途に国内対策の検討着手―政府)
   
☆大綱改訂で農水省も国内対策の検討に着手
 (合意内容の説明と万全の施策を政府で検討)
  
☆「生産基盤強化」が最も重要な課題となる
 (農水省TPP等対策本部で江藤農相が訓示)
  
☆10月の早い段階で署名できる―茂木外相
 (国内手続き完了後の早期発効で両首脳一致)
  
☆9月15日現在の水稲の作況指数は「105」
 (主食用9・7万㌶、予想収穫量55・5万㌧)

☆19年産米の出荷は平年並みで推移―ホクレン
 (9月27日現在の全道販売実績2600㌧)
  
☆地域医療が守られるよう対応―JA道厚生連
 (病院再編統合の公表で3病院対象を受け)
 
☆建物更正共済の被害報告は5万4000棟に
 (台風15号の影響、千葉県が最多―JA共済連)
 
☆11月14日に「農業経営フォーラム」を開催
 (テーマは地域の魅力を生かす―JAバンク)

定期購読料

年間購読料 84,000+税