2019年9月6日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆19年産小豆の作付面積は前年比2000㌶増
 (2万1200㌶、密植が5割超―ホクレン)
 ▽現時点では生産量を97万5200俵と予想
 ▽関係者集まり十勝で豆類需給安定会議開催
 ▽現時点で作柄それほど悪くない―安堵の声
 
☆大樹で「南十勝酪農女性プチサミット」開催
 (砂子田円佳氏が地元で初開催、70人参加)
 ▽3JAが協力、哺育テーマに情報交換
 ▽12月開催のファイナルへ大きな手応え
 
☆グリホサートの影響やゲノム編集の問題指摘㊦
 (道農業ジャーナリストの会研究会より) 
 ▽競争激化、日本は統合イノベーション戦略
 ▽遺伝子の働き止めることで意図せぬ問題が
 ▽規制の現状に危機感、署名など市民運動を

定期購読料

年間購読料 84,000+税