2019年9月3日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆米国産トウモロコシ購入は被害対策の一環
 (ツマジロクサヨトウの発生確認受けたもの)
 ▽わが国飼料需給に与える影響はない―農相
 ▽275万㌧分の前倒し購入保管料など支援
 
☆過去の経済連携協定の範囲内と認識―農相
 (関係府省と連携し、9月末の署名を目指す)
 
☆日米協議で為替の話は全く出てこなかった
 (茂木経済再生担当相が、閣議後会見で強調)
 
☆道農連が若手向けの組織活動研修会を開催
 (昨年に続き2回目、農民運動の参加促進へ)
 ▽経営力向上へ、こと京都㈱山田社長講演
 
【講演】
☆グリホサートの影響やゲノム編集の問題指摘㊥
 (道農業ジャーナリストの会研究会より)
 ▽GM作物失敗の23年を教訓として始まった
 ▽特定の遺伝子をピンポイントで壊す技術
 ▽アメリカでは高オレイン酸大豆の生産開始

定期購読料

年間購読料 84,000+税