2019年8月27日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「実質的な大枠合意」9月末の署名目指す
 (合意に向けた作業加速で一致―日米両首脳)
 ▽大統領選を見据えて異例のスピード決着へ
 ▽しかし現段階で「内容」の正式発表はなし
 ▽ライトハイザー代表との協議は今回が最後
 ▽9月末署名で作業加速を確認―菅官房長官
 
☆日米交渉、牛肉SGや乳製品など今後も注視
 (従来以上に政府に思い伝えていく―飛田会長)
 ▽TPPが最大、政府の交渉姿勢に一定の理解
 ▽最終決着に向け譲歩の可能性も否定できない
 ▽農業が犠牲にならない方向つくられるか注目
 
☆都府県猛暑で、8月道外移出は再び増加傾向に
 (小麦は契約数量上回る見通し―ホクレン)
 ▽9月移出も一昨年比1割強増に―内田会長
 
☆ホクレンの新・酪農振興策「居住環境」重点に
 (助成対象は牛床に加えて通路・換気も)
 ▽肢蹄の疾病、暑熱などの生産ロス低減へ
 ▽19年度助成分は11月中旬まで受け付け
 
☆コープさっぽろの食べフェスで食や農業PR
 (札幌会場を皮切りに全道8カ所で開催)
 ▽JA北いぶきが出張田んぼの生き物調査隊

定期購読料

年間購読料 84,000+税