2019年8月7日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆守るだけでなく、攻めるべきものは攻める
 (自民党でTPP枠を超えぬよう要望相次ぐ)
 ▽いいとこだけ取られるのは交渉として失敗
 ▽守ってくれたなと思える結果に―上月参議
 ▽TPP12枠超えることはあってはならない
 ▽まだ〝ガチンコ〟の状態―澁谷調整統括官
 
☆道審議会で政策提案の概要提示―道農政部
 (食料基本計画へ、農業の多様性など6項目)
 ▽高収益作物の安定生産、輸出拡大推進も
 ▽家族経営の維持、最も重要―小野寺委員
 ▽各地で意見交換会、道の計画にも反映へ
 
☆秋まき小麦の収穫作業は平年より早く進む
 (道農政部が8月1日現在の生育状況発表)
 ▽一部地域で少雨や寡照の影響により緩慢
 ▽水稲は出穂期、生育は早2日で平年並み
 ▽秋まき小麦の収穫は早3日、進捗率88%
 ▽豆類は平年並み、十勝の小豆は遅1日に
 
☆畜産クラスター、施設整備の配分82・5億
 (22協議会50件が採択、平均1・6億円)
 ▽機械導入事業は年末めどに公表―道農政部
 

定期購読料

年間購読料 84,000+税