2019年7月5日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆茎数コントロールが順調、今年は期待できる
 (道米麦改良協会が8カ所で小麦作柄現地調査)
 ▽肥培管理徹底、干ばつ傾向もプラスに作用
 ▽十勝の土壌凍結も小麦の生育には影響なし
 ▽2年ぶりの豊作に向け、今後の天候を注視
 
☆農作物の生育状況、各作物とも順調に推移
 (最盛期の1番草収穫作業は5日早く進行)
 ▽水稲は早4日、草丈・葉数とも平年並み
 
【特集・2019参院選】
☆選挙公約から主要政党の農業政策を見る①
 (自民党の政策・政策BANKより)

定期購読料

年間購読料 84,000+税