2019年7月1日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

☆作目共通対策の政策提案決定―道農協基本農対
 (3日の農水省意見交換会皮切りに要請展開)
 ▽基本農政や国際貿易交渉など8項目を整理
 ▽道内家族経営が農業生産維持できる施策を
 ▽日米貿易協定交渉は毅然とした対応求める
 ▽農業次世代人材投資事業の十分な予算確保
 ▽体質強化対策は予算の恒久的な確保を要望
 
☆北海道農業が犠牲になるようなことは許さない
 (日米交渉や参議院選などで飛田会長が見解)
 ▽食料自給率向上など与党の公約実現に期待
 ▽非常に厳しいが農業者自体が問われる選挙
 
☆特定技能の受け入れに向け、地域協議会が発足
 (道庁で協議会と運営委員会を開催―農水省)
 ▽8団体と受け入れ機関で構成、情報共有図る
 ▽地域協は農業分野受け入れの「核」―農水省
 
☆6月までの北海道米販売実績16万8000㌧
 (「合組」は約8000㌧と好調―ホクレン)
 ▽19年産は販売先意向など踏まえ継続検討
 
☆人 事 動 静(1~7日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税