2019年6月28日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆論点を整理し、今年秋を目途に諮問目指す
 (企画部会で生産者ヒアリングを踏まえ論議)
 ▽生産者は異口同音に「持続可能性」を提起
 ▽この視点からの議論が必要に―大橋部会長
 
☆中間取りまとめ7月早い時期に公表の方針
 (和牛遺伝資源流通管理検討会の意見もとに)
 ▽早ければ今年の臨時国会に改正法案を提出
 
☆米の需給安定対策や水田有効活用など8項目
 (水田農業対策で道農協米対が政策提案決定)
 ▽真に需要に応じた生産への取り組みに支援
 ▽交付金の一括受領が可能な仕組みの検討を
 ▽未検査品の流通量増加で信頼性低下に懸念
 
☆低温に備え、道が水稲の水管理を呼び掛け
 (早期天候情報に備え営農技術対策を発出)
 
☆家庭用シェア19年度30%目標、多様化進める
 (ソフト系チーズも新商品販売へ―よつ葉)
 ▽付加価値付け新市場にアプローチ―有田社長
 ▽道や各社とブロックごとの災害対策を協議中
 
☆道農業会議が20年度の税制改正要望を決定
 (期限迎える特例措置の恒久化など12項目)
 ▽譲渡所得税特別控除額引き上げ要望は除外

定期購読料

年間購読料 84,000+税