2019年6月20日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆計画上回る剰余金処分案など承認―JA道信連
 (信用事業譲渡踏まえ中期経営計画一部修正)
 ▽剰余金処分で20億7300万円の配当実施
 ▽21億円積み立て、50億円を次期繰り越しに
 
☆道農業信用基金協会会長に前農政部長の梶田氏
 (18年度の代位弁済額は5億2100万円)
 ▽剰余金処分、3億円を全額準備金繰り入れ
 ▽19年度保証引き受け額1103億円を計画
 
☆当期損失は10億円圧縮の37億1000万円
 (西会長は情報漏えいを謝罪―道厚生連総会)
 ▽会長職も書面申請と常務決裁、信頼回復へ
 ▽未処分剰余金12・5億円は全額を次期繰越
 
☆JA共済、推進総合実績は全支所で目標達成
 (推進総合実績で北海道が初めて全国3位に)
 ▽自動車など短期共済は昨年に続き全国1位
 ▽出資配当は同率、事業分量配当も前年並み
 
☆JA道信連人事(19日付)
 
☆東京で試飲販売イベントミルクフェア開催
 (よつ葉乳業・協同乳業・蔵王酪農センター)
   ▽大手町ミノーレ内で17年から3回目の開催
 
☆農作物の生育状況、各作物とも順調に推移
 (気温が高く生育は前回よりも全体的に進む)

 

定期購読料

年間購読料 84,000+税