2019年6月14日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆「北海道スマート農業サミット」を初開催
 (37企業・団体が出展、約700人が参加)
 ▽スマート農業共同体(SAc)などが主催
 ▽現在73社・団体、生産者も約400人参画
 ▽企業と生産者、消費者が「つながる場」に
 
☆13日午後から米国・ワシントンで閣僚協議
 (茂木担当相が閣議後会見の中で正式に表明)
 ▽実務者協議で整理確認の論点さらに深める
 
☆異常豚発生通報を想定した初動対応手順を確認
 (道が豚コレラ対策本部指揮室設置・運営訓練)
 ▽府県の頻発受け、初の豚コレラ運営訓練
 ▽指揮室開設準備と班長会議で情報の共有
 ▽措置詳細定める防疫マニュアル全面改正
 
【講演】
☆北海道農業が選ばれる荷主であるために㊥
  相浦 宣徳 北海商科大学商学部教授
 ▽JR北海道営業区間見直し、室蘭線は影響大
 ▽富良野駅廃止で試算、費用上昇や輸送力低下
 ▽青函共用走行、時間帯区分案でも懸念はある

 

定期購読料

年間購読料 84,000+税