2019年5月31日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆日米貿易協定交渉で道内選出国会議員に要請へ
 (トランプ氏の発言も踏まえ、慎重な議論を)
 ▽6月中旬に道連役員、地区でも働き掛けへ
 ▽7月3日の農水省との意見交換テーマに
 
☆強風被害の面積は4000㌶超に―飛田会長
 (被害状況確認中、再播種など対応は6月も)
 ▽集中推進期間が終了しても自己改革は継続
 ▽日米貿易交渉、農業が犠牲にならないよう
 ▽土屋氏の副知事就任に「心強い方」と歓迎
 
☆JA道信連18年度決算、計画上回る利益確保
 (経常利益は計画比19・8%増の57億円)
 ▽経常収益は計画比5・3%増の307億円
 ▽前年比は減収減益も、資金運用収益は増加
 ▽低金利継続で19年度経常利益45億円計画
 
☆生乳生産は前年比0・8%増と順調に推移
 (少雨傾向や26~27日の異常高温は注視)
 
☆19年産主食用米生産、道内45地域が減少傾向
 (道農政事務所が4月末の中間取組状況公表)
 ▽北海道は減少傾向、「生産の目安」下回るか
 ▽備蓄米は道内22地域再生協が取り組む意向
 ▽加工用米は増加、新規市場開拓用米は減少

定期購読料

年間購読料 84,000+税