2019年5月22日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆事務レベル協議は22日にワシントンDCで
 (茂木経済再生担当相の閣議後会見での発言)
 ▽今後の交渉に資する議論行えることを期待
 
☆道議会農政委員長は名寄市の中野秀敏氏
 (副委員長は帯広市の清水拓也氏を選任)
 ▽食と観光対策、委員長は後志の市橋修治氏
 
☆9月に第17回北海道総合畜産共進会を開催
 (震災で延期、乳用牛部門は28~29日早来で)
 
☆立入検査に抗原検出キットを加える方針
 (食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会)
 ▽口蹄疫等に関する特定家畜伝染病防疫指針
 
☆アメリカ産牛肉の月齢制限撤廃を発表―厚労省
 (カナダ、アイルランド産牛肉も制限を撤廃)
 ▽2003年12月の輸入手続き停止から15年
 
☆ワイン産地・北海道のポテンシャルに期待
 (ワイン生産学の曾根教授が北大で講演)
 ▽平均気温上昇でピノノワールなどの栽培拡大
 ▽課題は苗木供給、北大でウイルス検査可能に
 ▽大学院国際食資源学院でワイン生産学を開講
 ▽地域、大学、研究機関との連携拠点を道内に

定期購読料

年間購読料 84,000+税