2019年5月8日(水)

一覧を見る
主要記事見出し

☆来年度予算に向け、作目共通対策で組織討議
 (日米協定交渉状況を注視―道農協基本農対)
 ▽国内農業が犠牲にならないような対応を
 ▽基本計画へ自給率向上と食料安保の確立
 ▽競争力強化プログラムの精査・検証必要
 
☆北海道の政府備蓄米は1262㌧の積み上げに
 (主食用から転換、第5回入札までに全量落札)
 ▽運用改善もナラシの生産者ひも付き残る
 ▽農産物検査見直しで未検査増加の懸念も
 
☆18年産米販売実績12万9000㌧―ホクレン
 (4月22日現在、計画に対する進度は49%)
 ▽「合組」の販売順調、実績約5000㌧
 
☆「麦生産流通安定対策事業」に前年並み拠出
 (「天下糖一プロジェクト」は6月20日から)
 ▽砂糖類「生産者・関係者取りまとめ」も
 ▽道馬鈴しょ協議会の研究成果なども報告
 
☆よつ葉乳業東京で試食・販売イベント出展
 (大手町「ミノーレ」内で19年度1回目開催)
 ▽新商品のよつ葉ほうじ茶ミルクなどを販売
 ▽午前11時~午後1時30分までチーズ等完売
 
☆JAカレッジで春の社会奉仕活動を実施
 (今期生42人全員が校舎近隣で清掃活動)

定期購読料

年間購読料 84,000+税