2019年5月7日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆定例記者会見11年目、継続に意欲―飛田会長
 (平成最後の会見で情報発信の重要性強調)
 ▽日米貿易交渉、TPP以上の譲歩は断固反対
 ▽鈴木知事には若い力で思い切った農政展開を
 ▽信用事業譲渡、規制改革推進会議は関係ない
 ▽農協の存在、選挙で結果を出すことも大切
 
☆日高3JA信用事業譲渡、万全の体制で準備を
 (JA道信連の佐藤会長が譲り受けへ見解)
 ▽農業災害の金融支援は40億1200万円に
 
☆19年度生乳受託契約5278戸―ホクレン
 (3月末比で43戸減、影響量は年間1万㌧)
 ▽未契約、契約変更の戸数は9戸に―酪農部
 ▽「合組」販売順調、4月で約5000㌧に
 ▽米新品種「えみまる」拡大で販売本格化へ
 
☆全道8校で「自転車交通安全教室」を開催
 (道警本部と連携、11年目に―共済連北海道)
 
☆厚生連の早期信頼回復と再発防止の徹底を
 (定例会見で西会長と飛田会長が謝罪)
 
☆人 事 動 静(4月27日~5月12日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税