2019年4月18日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆JAしずないが総会で信用事業譲渡を承認
 (すべての資産・負債を譲渡し信連の代理店に)
 ▽行政庁認可後、譲渡日は20年1月12日
 ▽財務健全化へ理解、総会で反対意見出ず
 ▽新しい農協の姿目指したい―西村組合長
 
☆閣僚級初会合が終了、物品貿易で議論開始
 (日米共同声明に沿って協議をすると再確認)
 ▽国益に沿う有意義な成果期待―菅官房長官
 ▽日米首脳会談を契機に議論加速の可能性も
 
☆18年度一般販売乳量0・9%増―ホクレン
 (飲用向け堅調、チーズ向けは40万㌧割れ)
 ▽3年ぶりに販売累計380万㌧超える
 ▽道外移出は2年連続で40万㌧の大台に
 
☆19年度拠出金単価は15銭上げのキロ50銭
 (需給調整対策の財源確保―道農協酪畜対)
 ▽緩和時の委託加工、計画生産などに備え
 ▽ナチュラルチーズの競争力強化へ予算増
 
【講演】
☆TPPプラス、日米FTAの脅威に警鐘④
      鈴木 宣弘 東京大学大学院教授
 ▽検疫率わずか7%、危ない輸入食品が素通り
 ▽全農ねらうカーギル、株式会社化の手口同じ
 ▽とどめの種子法廃止、固定種がF1やGMに
 ▽世界でやってきたことであり陰謀説ではない
 

定期購読料

年間購読料 84,000+税