平成31年3月26日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道農協米対も前倒しで3月から組織討議開始
 (米・水田農業政策の確立に向けた政策提案)
 ▽主食用米の需給安定対策など6本柱で整理
 ▽水田活用直接支払交付金も一括申請可能に
 ▽業務用途への支援提案、輸出支援も継続を
 
☆ホクレン配合飼料価格は約750円値下げ
 (円高と原料価格の値下がりなどが主な要因)
 
☆ホクレン受託乳量は前年同期比0・8%増
 (30年度累計は380万㌧超えが確実に)
 ▽1日当たりも堅調、気温平年約2度上回る
 
☆5月の要請に向け道農業会議が提案内容協議
 (4月の地区別会長・事務局長会議で検討)
 ▽5月27日の全国大会に併せ要請集会開催
 ▽農地対策は所有権取得を支援する仕組みに
 ▽後継者対策や法人化支援で課税特例措置を
 
☆31年度も道内でGM作物の開放系栽培計画ゼロ
 (GM条例に基づき道が調査結果を公表)
 
☆公開シンポ「タネと食と農の未来」を開催㊦
 (異なる立場の専門家が制度や育種テーマに)
 ▽ゲノム編集は規制対象外に―北大・石井教授
 ▽結果はランダム育種法と同じ、野外栽培進む
 ▽「オフターゲット変異」など思わぬリスクも
 ▽リスク評価や消費者の信頼を得る努力が必要

定期購読料

年間購読料 84,000+税