平成31年2月22日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆新技術8課題と現地普及活動事例2課題を発表
 (道と道総研が農業新技術発表会を開催)
 ▽「十育B84号」を新たな大正金時ブランドに
 ▽メーカーも期待のサラダ用品種「北育24号」
 ▽自動操舵田植え機、蜜播中苗など省力化技術
 
☆スマート農業の推進などでJAグループに要望
 (若手が営農管理システムの共有化など提案)
 ▽全道の生産者が〝共通言語〟で話せるよう
 ▽営農支援システムの活用広げたい―中央会
 ▽低コストRTK基地局、4月から本格運用
 ▽組合員目線で使える技術を検討―ホクレン
 
☆インスタグラムでキャンペーン実施中―よつ葉
 (アカウント開設1年記念し来月15日まで)
 ▽年末キャンペーン時は300件超す反響
 
☆北海道米プロモーションで「ちらし寿司」
 (「北海道 ごはん道?」の第5弾)

定期購読料

年間購読料 84,000+税