平成31年2月21日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆道農業法人協会が第24回定期総会を開催
 (32年1月の「一社化」に向け準備と周知)
 ▽一社化でさらなる発展の節目に―南会長
 ▽30年度新設の「水田部会」は計3回実施
 ▽道農業次世代サミット、31年度も開催へ
 
☆Jミルク主催の道ブロック説明会を開催
 (生乳の異常風味問題と需給見通しテーマに)
 ▽中期的需給見通しで論点共有を―前田専務
 
☆有機酪農の北海道・石川ファームに大臣賞
 (第5回自給飼料生産コンクール賞状授与式)
 
☆酪農災害における手引き作成―道農政部
 (停電・断水対策中心、震災の教訓生かす)
 ▽自家発電に必要な電力量例示―停電対策
 ▽断水対策では「必要数量の把握」が重要
 ▽月内に冊子を道内JAへ配布、HP公開
 
☆道内の31年度学乳供給価格は1・77円上げ
 (200㏄紙容器当たり、供給業者は12者)
 ▽生乳価格引き上げや燃料費等の値上げで
 
☆菜豆、馬鈴しょなど7品種を優良品種に登録
 (8品種の登録を廃止―道が12日付で公表)

定期購読料

年間購読料 84,000+税