平成31年2月14日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆MMJ外のメーカー直接出荷で増産体制へ
 (ちえのわ事業協同組合が初の事業説明会)
 ▽酪農家の選択肢増が地域発展に―島崎代表
 ▽農協との対立構造望んでいない―廣田参事
 ▽「花畑」ブランド増産や放牧牛乳など計画
 ▽需給過不足調整が仕事に―MMJ茂木社長
 
☆日米交渉に断固反対する特別決議採択―道農連
 (第49回定期総会を開催、運動経過など報告)
 ▽TPPやEPAへの対峙が今後も運動の柱
 ▽道や道議会、政党代表など来賓9人が登壇
 
☆道優良米生産出荷共励会で3人に最優秀賞
 (3部門に全道から6件出展―道米麦改良協会)
 
☆ホクレン2月上旬受託乳量、0・5%減
 (年度累計1%割り込み、0・9%増に縮小)
 ▽1日当たり前旬比は微減、底打ち以降で初
 ▽受託戸数は前年比164戸減の5336戸
 
☆「酪農経営管理者コース」全課程が終了
 (道立農業大学校から14人に修了証授与)
 
☆北海道チーズ約300種類、東京に集まる
 (北海道地チーズ博2019、表参道で開催)
 ▽48店舗が北海道産ナチュラルチーズをPR
 
☆道農業法人協会事務局が南1西10に移転

定期購読料

年間購読料 84,000+税