平成31年2月7日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆いんげん「十育B84号」など7品種を認定へ
 (道農作物優良品種認定有識者会議で説明)
 ▽ポテトサラダ原料用の馬鈴しょ「北育24号」
 ▽シロクローバ1品種、とうもろこし4品種も
 ▽大豆、菜豆、てん菜など8品種が廃止候補に
 
☆札幌かでる2・7で「農業新技術発表会」
 (新品種、活動事例、トピックスなど11題)
 
☆経済学者の金子勝氏、組合間連携に期待寄せる
 (〝協同の価値〟共有の3団体、講演会共催)
 ▽30年4月のJCA発足後、3者連携は初
 ▽国内農業を守る生協の役割期待―金子氏
 ▽2団体と手を組んで取り組む―飛田会長
 
☆競馬着順誤審の再発防止へ道が対応状況報告
 (払戻金相当額は約8600万円支払い済み)
 ▽判定写真用のカメラ増設は31年度に検討
 ▽現在も照合作業途中、最終支払い額未定
 
☆29事業年度の道内JA組合員数は再び増加
 (JA道中央会の2018JA要覧より)
 ▽准組合員0・9%増、准組比率は81・9%に
 ▽信用・共済は前年割れも、販売・購買が好調
 ▽販売・購買(生産資材)トップはきたみらい
 
☆アニマルウェルフェア公開セミナー開催
 (認証制度と製品の普及テーマに札幌で)

定期購読料

年間購読料 84,000+税