平成31年2月5日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆協定発効を祝い、さらなる関係発展に期待
 (駐日EU代表部で発効記念イベントを開催)
 ▽〝自由貿易の意義〟強調する発言が相次ぐ
 ▽6・3億人の市場獲得した―駐日EU大使
 ▽乳製品の早期輸出実現に改めて期待―農相
 
☆ホクレン1月下旬受託乳量、0・2%減
 (前旬比0・5%増、底打ち以降堅調な伸び)
 ▽年明け以降、3旬連続で前年同期割れ
 ▽引き続き年度累計は1%超えをキープ
 
☆ソフト事業の助成拡充、提案型は要件改正
 (Jミルクが次年度基盤対策事業の方針公表)
 ▽牛だけではなく担い手育成も必要との観点
 ▽後継牛増頭対策、供用年数延長は継続実施
 
☆酪総研シンポ「カイゼン考えるⅢ」を開催
 (少額投資で生産性上げる手法を提案)
 ▽行動の解析、痕跡観察を改善に―森田教授
 ▽長日で乳量増、育成牛増体増―粕谷研究員
 ▽PAGs、FFAなど新情報も―佐坂課長
 
☆道青年農業者会議の受賞者決定、4人が代表に
 (熱気に包まれた2日間、26日に全国大会)
 ▽閉会式で加盟数減少による組織改革を説明
 
☆さっぽろ雪まつりで交通安全ポスター作品展
 (JA共済連北海道が小中学生63作品展示)
 ▽大通西4丁目「STV広場」で11日まで
 
☆さっぽろ雪まつり期間限定パフェ販売中
 (よつ葉ホワイトコージ2店舗、12日まで)

定期購読料

年間購読料 84,000+税