平成31年1月22日(火)

一覧を見る
主要記事見出し

☆日高3JAの組織再編、信用事業譲渡を検討
 (全国支援を得る上での新たな選択肢として)
 ▽全道段階の支援など基本フレームは同様に
 ▽組合員への説明実施、4月の総会で方向性
 
☆国際貿易が新たな局面、引き続き情報共有を
 (国際貿易交渉を考える道民会議が幹事会)
 ▽重要な年、今まで以上に注視を―石田参事
 ▽北大の東山准教授がめぐる情勢に関し講演
 
☆アメリカ産牛肉の月齢制限撤廃へ―食品安全委
 (平成17年の輸入再開から14年で規制撤廃へ)
 ▽アメリカで実施するリスク管理措置が前提
 ▽BSE発生後はオーストラリア産牛肉首位
 ▽TPP11発効で関税はより有利な状況続く
 
☆穀物の対前年収量増減予測3カ月前に予測
(農研機構とAPEC気候センター共同研究)
 ▽トウモロコシ、コメなど世界の主要4穀物
 ▽世界の収穫面積の約3分の1で予測が可能
 ▽異常天候による生産影響早期対応など期待
 
☆「パン甲子園2018」受賞作を知事に贈呈
 (グランプリ獲得した清水高校の生徒らが)
 ▽キタノカオリでつくった「新芽バインミー」

定期購読料

年間購読料 84,000+税